築32年マンションの賃貸DIYはこちら

【写真で世界の街歩き】地中海に浮かぶ青いドーム、憧れのリゾート地サントリーニ島

旅や写真好きな方に有名な絶景スポット、サントリーニ島。欧米人のバカンスにはもちろん、高級リゾートステイが出来る素敵なホテルもたくさんあってハネムーンにもちょっと贅沢な女子旅にもぴったり!アジア人や中東人のウェディングフォト地としても人気です。

サントリーニ島ってどんな島?

サントリーニ島はエーゲ海のキクラデス諸島南部に位置するギリシャの島で、ギリシャ本島からは約200km離れたところにあります。昔は色々な名称があったそうですが、現在はサントリーニ島もしくはティーラ島といわれています。日本ではカナ表記でサントリーニと読むのが主流ですが、ギリシャ語の発音だと“サンドリニ”が原音に近いそうです。なまっているみたいですよね。

もともと大爆発を起こした火山が形成したカルデラ( 火山活動によってできた大きな凹地 )により円形だった島が三日月形の島になったそうです。真っ青なカルデラ湾を望む断崖の上に建てられた白い建物がとても特徴的です。その中でもブルーのドームを持つ建物は日本でもギリシャヨーグルトのイメージ画像としてよく使われていますよね。

サントリーニ島への行き方

サントリーニ島へは飛行機か船で行くことが出来ます。飛行機の場合はギリシャの首都アテネ空港からのアクセスになります。エーゲ航空やLCCのライアンエアーが運航しています。また、船の場合はアテネにあるピレウス港はもちろん、ミコノス島やクレタ島などからも直行便が出ています。周遊する場合には時間重視の方はすべて飛行機エーゲ海の景色も堪能したい方や節約派はうまく船も組み合わせるといいでしょう。

また、この辺りには地中海を周遊するフェリークルーズも盛んです。ミコノス島、サントリーニ島には連日たくさんのクルーズ船が停泊していました。

サントリーニ島のベストシーズン

ベストシーズンは6~9月です。 この時期の平均気温が24~26℃で日本と比べると涼しそうですが、日差しが強いため体感は同じくらいかもしれません。海に入れる時期も同じく6~9月です。ただ、5月と10月も20℃程度なのでもう少し涼しくて空いている時期を狙うのであれば前後も候補になるかもしれません。私は7月中旬に行きましたがハイシーズンなのでとにかく人が多く賑わっていました。ただ、見たいと思っていた“夏の日差しを受けて輝くサントリーニ島の景色”を見ることが出来たのでやはり夏に行ってよかったです。

写真で “フィラ” の街歩き

サントリーニ島で特に有名な観光地はフィラとイアです。フィラは中央西側に位置し島全体のアクセスの拠点になっている街で、空港を結ぶバスや島と島をつなぐ港があります。また港へ降りる階段ではロバタクシーが有名です。

写真で “イア” の街歩き

イアはフィラからバスで30分ほど北へ行った高級リゾートが立ち並ぶエリアです。ブルードームもここにあります。

写真で “ブラックビーチ” 滞在

フィラから45分ほど南東へ行ったペリッサというところにはブラックビーチがあります。この辺りまで来ると人もかなり少なく、のんびりした雰囲気になります。

  • パラソル&ビーチベッド2台 €10/日
  • ギロサンド €3

ホテル・安宿情報

サントリーニ島はとにかく宿が高いです!!! 特にイアは高級リゾートが多く、次にアクセスの良いフィラもリゾートホテルが立ち並んでいます。ハネムーンや女子旅にはイアの海沿いがおすすめです。お部屋に専用のホットバスやプールがついていてそこから夕陽を眺めたりお酒を飲んだり読書をしたりゆっくりと贅沢な時間を過ごしTHE・サントリーニ島が味わえると思います。

節約派にはドミトリーやAirbnbがおすすめです。私たちはフィラから45分程度バスで南東へ行ったペリッサというところのAirbnbを利用しました。何部屋か持っている普通の宿の一部をAirbnbでも募集をかけているタイプのところでした。イアやフィラに比べるととにかく破格です!!

そしてすぐ近くにバス乗り場があり始発の次くらいの停留所だったため毎回座れたのが良かったです。また到着日は深夜だったため宿の送迎を利用しました。3,000円とちょっと痛い出費でしたがバスがなかったので選択肢が他にありませんでした。

滞在日数

私たちは深夜着・夜発の2泊3日だったので、実質中日と最終日の夜までの2日間でした。中日は丸一日フィラ&イア観光をしてサントリーニ島を満喫、最終日はブラックビーチで一日中のんびりしました。フィラ&イア観光だけなら1日で十分周れます。あとはのんびりする日数や他のビーチへ行く日数などやりたいことに合わせて組むといいでしょう。

  • Airbnbツインルーム2泊 €98
  • 空港ピックアップ €30

移動方法・ローカルバス料金

移動はタクシーかバスになります。バスの場合拠点となる街はフィラです。そこから島全体へバスが出ています。

バスの乗り方は簡単です。行き先を確認して乗車して中で運賃回収のスタッフが順番に周ってくるので料金を渡します。

下記は2019年7月時点のひとり当たりの片道乗車料金です。

  • 空港-フィラ €1.8
  • フィラ-イア €1.8
  • フィラ-ペリッサ €2.4
注意
現金のみです、おつりももらえますが小銭があるとスマートです

まとめ

サントリーニ島は断崖の地形とそこに立ち並ぶ白やパステルカラーの家々が特徴的です。世界的に有名な観光地なのでお金を出せば絵に描くような海外のリゾート気分を満喫できるところです。

ただ人も多くイアやフィラの街はそこまで広くないため、もっとゆっくり島の雰囲気を堪能したい方はミコノス島がおすすめです。ミコノス島は島全体の家がどこも真っ白でカワイイ雰囲気です。

サンセットはどちらも素晴らしい景色が見られます。

素敵な旅になりますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です