築32年マンションの賃貸DIYはこちら

【写真で世界の街歩き】モロッコのフォトジェニックな青い街シャウエン

北モロッコの人気都市、シャウエン。 正式名称は「シェフシャウエン(Chefchaouen)」ですが、モロッコ人も「シャウエン」と言っていました。地図で見ると空路が盛んなカサブランカや観光拠点のマラケシュから遠く、行きにくそうですよね。シャウエンに行く場合は、近くの都市タンジェ・フェズ・ラバトからバスが出ています。また日本のツアーはカサブランカ空港からプライベートバンでシャウエンまで移動するツアーが多く見受けられました。

青い街シャウエン

なぜ、青いのか?

気になりますよね。調べたところこれは諸説あるそうですが「青がイスラムの神聖な色だから」「虫除けのため」「強い日差しでも涼し気に感じるため」などと言われています。青が神聖な色というのはなんだか素敵ですね。ちなみに街のあちこちではシャウエンブルーに塗装している道や窓枠も見かけました。

他の色の塗料も売っていたのでこの色しかない、という訳ではなさそうですね。それにしても、ただ並ぶ塗料ですらカワイイ…

写真でシャウエンの街歩き

https://newmearoma.com/wp-content/uploads/2020/02/にゅみicon300*300_旅初心者2-1.png
写真好き子

青い街かわいい~

もっと写真だけばーっと見たいな

とにかく街全体がスタジオのようにカワイイので “どこで・どんな構図で・どんな服で” 写真を撮ろうかな~と想像するだけでワクワクします。モロッコ雑貨も街中でたくさん売っています。またシャウエンには猫がたくさんいるので猫好きな方にもおすすめです。詳しい説明は抜きにして、写真で街歩き気分を味わってみてください。

※写真はすべてミラーレス一眼(LUMIX GF9)で撮影しました

写真好きにおすすめ “ジェラバ”

モロッコの民族衣装 “ジェラバ” はモロッコならどこででも手に入ります。モロッコの景色にとても合うのでおすすめです。また、ジェラバを着ているとモロッコ人がとても喜んでくれて通りすがりでも「ジェラバ~」と嬉しそうに声をかけてくれます。日本でいう着物や浴衣を外国人が着ている感じですね。

ジェラバ一着の値段を聞くとはじめは3,000円くらいと言われますが、半額の値段交渉はいけます。今回節約旅で本当に買うか迷い決められないでいたら最後は1,000円まで値切ってくれました。また、女性用と男性用があるので注意が必要です。私ははじめ知らずに男性用を買ってしまいました。この紫色のジェラバは男性用でした、 女性用はウエストがキュっと絞れるタイプ、男性用はストンとしているタイプです。

また、夏用・冬用もあるそうですが写真用でしたら細かいことは気にしなくてもいいと思います。 シャウエンは他の街に比べてのんびりしているし街中も可愛くて本当に素敵な街でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です